【おすすめの完全ワイヤレスイヤホンレビュー】 AVIOT TE-BD21f-pnk(ピエール中野監修のピヤホン) SpinFit付属

te-bd21f

AVIOT(アビオット)から発売されている、
TE-BD21f』という完全ワイヤレスイヤホンがあります。
音を鳴らすドライバを世界で初めて3つ搭載した
ハイブリット・トリプルドライバーのAVIOTのフラッグシップモデルです。

AVIOTのフラッグシップモデル『TE-BD21f』に、
凛として時雨のドラマー ピエール中野さん』が
極めてハイレベルな考えからチューニングをしたのが
TE-BD21f-pnk』です。
ピエール中野さんが監修した完全ワイヤレスイヤホン
『通称:ピヤホン』と呼ばれるスペシャルエディションのレビューです

 

created by Rinker
AVIOT
¥19,893 (2020/05/24 17:54:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

TE-BD21fの基本スペック

ドライバーは、
ダイナミック型X1、バランスドアマチュア型X2となります。
ダイナミック型は9.0mmのイヤホンとしては大型のドライバとなります。

イヤホン本体重量は、
公称で約5.4gとなります。
ケースは約51gとなります。

最大通話時間は5時間、最大再生時間は7時間となります。
ケースで3回の充電が可能。
ちなみに通話時、ノイキャン機能あります。

充電ポートはUSBタイプC
防水規格はIPX5(生活防水としては十分)

Bluetoothバージョンは5.0
コーデックは、SBC AAC aptXとなっています。
(AndroidでもiPhoneでもスマホはオールOK)

QCCは3020採用で対応スマホを使用すると
左右のイヤホンが独立して通信し安定した再生が可能となります。
今のところ、音切れはないです。

アルミ製と質感が高いですね。
また、専用のSpinfit社のイヤーピースが付属しています。
spinet

これだけ種類があれば、
フィットするイヤーピースがありますね。
装着感は白のSpinfitは柔らかく
黒の通常版は硬くはないですが、Spinfitより硬めです。
私は黒が好みです。
しっかりフィットして落ちた事はありません。

 

同封物としてはこんな感じです。
※通常版は、ハードケースがありません。
mono

集合写真に遅れた方がいましたw
strap
外れた時に紛失しない様のストラップです。
電車通勤での使用や運動で使えそうです。

created by Rinker
¥14,814 (2020/05/24 19:03:43時点 楽天市場調べ-詳細)

 

通常版とピヤホンの違い

①上記でも記載しましたが、
ピヤホンには『ピエール中野さんの極めてハイレベルな考えからチューニング
が施されています。

どこまでも伸びていく高音
定位感の高い中高音
豊かな低音
このあたりがチューニングされていて、
より躍動感が感じられる音質に仕上がっていると考えます。

 

②ピエール中野さんのアイコン刻印がある。
piyahon
イヤホン本体とケースとハードケースがピエールバージョンです。

 

③ハードケースが付いてくる
hardcase
意外とコレあって良かったと思ってます。
持ち出す時など、
本体ケースが保護されるのは安心ですね。

④音声ガイドには、
アニメ「PSYCHO-PASS サイコパス」常守朱(CV:花澤香菜)のボイスを採用
カワイイよりは割と落ち着いた感じの女性の声で良いです。

人気商品でしばらく購入できない状態が続きましたが
やっと、予約でなく在庫品を購入できるところまできました。
転売などでしょうか・・ネットでは値段が高い場合があるので注意しましょう。
楽天だとまだ値段が高騰しています。。ご注意下さい。

 

ピヤホンの音質

ピヤホンの音質は、
オールジャンルで聴ける音質です。

通常版もハイブリッド・トリプルドライバという事で
とても解像度・分離感が高いです。
モニターイヤホンっぽい感じはあります。
それにピエール中野さんのチューニングが加わっている訳ですが、
明らかに低音が活きています。

9mmのドライバという事もあり
分厚くて質の高い低音が程よく鳴ってきます。
バンド系・EDMなどノリにもついていけます。

中高音も2基のBAドライバがあるので
歪み感がなく、高音も気持ちよく伸びていきます。
女性ボーカル・ジャズ・クラシックも聴いていて気持ちいい。

1万円代前半のイヤホンだと
速度の速い、楽器の多いバンド系だと
音が出しきれない事があるのですが、
コレだったら全然いけますね。

この価格帯だったら、
間違いなくトップクラスです。

気になっているのであれば、
買って間違いないと思います。

 

気になる点

気になる点は1点あります。
ほんとうに少しだけなのですが、
『サー』という音が入る点です。

Bluetoothだし入るのかなっと思っていたのですが、
他のBluetoothイヤホンだとないんですよね。。
(Mavin Air-XR)

にぎやかな音楽だと気にならないんですけど、
静かな音楽を聴く時、気になりますね。

エージング時間は100時間は超えてるので
メーカー推奨のエージング時間の30-50時間は超えています。
とはいえ、エージングで激変する話も聞くので
少し期待して聴き込んでいきたいと思います。

とはいえ、音楽を聴く事がメインであれば
気にならないレベルです。

音楽よりもYouTubeでレビュー動画(言葉を聴く場合)を
多く見る方は少し気になるかもしれません。

 

まとめ

音楽を再生する
完全ワイヤレスイヤホンとしては
この値段帯ではトップクラスですし、
価格以上の買い物ができたと私は思っています。

トリプルドライバのイヤホンは初だったのですが、
コレでしか出せない音があるなと思いました。
ドライバが多ければ多い分だけ良くなるって訳ではないのだなーというのと、
でも多ければ分離感や解像度、低・中・高音域の質が上がると感じています。

うん、GOOD PRODUCTです!

イヤホン関係の記事のリンクを最後に貼っておきますので
興味あれば見てみて下さい。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

created by Rinker
AVIOT
¥19,893 (2020/05/24 17:54:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,814 (2020/05/24 19:03:43時点 楽天市場調べ-詳細)

【コンパクトで超軽量!高音質でおすすめ】完全ワイヤレスイヤホンMavin Air-XRレビュー

完全ワイヤレスイヤホンMavin Air-XRに【コンプライ製T600スタンダード】おすすめ!

【おすすめイヤホンとその選び方】イヤホンの種類と接続方法の違いについて

【失敗しない為の選び方】メリット・デメリットを理解してイヤホンとヘッドホンを選ぼう

フォローしてね!

【おすすめの完全ワイヤレスイヤホンレビュー】 AVIOT TE-BD21f-pnk(ピエール中野監修のピヤホン) SpinFit付属” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。