【成長・成功しよう】チャレンジ(行動)できる様になるには

 この記事の結論は、『チャレンジ(行動)し続け、時代のニーズに柔軟に対応し、成長し続ける人がチャンスを掴む』です。しかし、人には大なり小なり足枷がついています。『お金がない』『知識がない』『時間がない』などなど。。様々な足枷があります。チャンスを掴む為に足枷を壊していきましょう。

challenge

 

【目次】

  • 成長して成功する為に
  • チャレンジ(行動)する為に足枷を壊そう
  • 今より未来の可能性を信じよう
  • 最後に

 

成長して成功する為に

 新しい事にチャレンジするという事は、自分にとって未知の領域に踏み出す事であり、未知の領域に踏み出すリスクを負います。基本的に人間の防衛本能で無意識にリスクを避けようと思考行動します。『自分には出来ない』『失敗したらどうする』『今のままで良い』などなど。。考えてしまい動けないのです。当たり前ですが、新しい事にチャレンジしなければ、新しい成長はありません。成長して成功する為には、リスクを負ってもチャレンジが必要です。

 

チャレンジ(行動)する為に足枷を壊そう

 『〇〇なので出来ない』の防衛本能に対して、『こうしたらできる』と理由をできるだけ多く考えてみましょう。また、行動する理由や成功した事を考えてみましょう。チャレンジ(行動)する価値がありますよね。

 他にも『自分はこうあるべきだ』と考えがちな人は、改め『こうであっても良い』など、囚われない考え方や価値観を創造する事で新しい発見や行動につながります。気持ちも軽くなり、ストレスも軽減されます(足枷が軽くなる、なくなる)

 

今より未来の可能性を信じよう

 『今』やっている事は『過去の自分』がやりたかった事ですか?それとも『今の自分』と『未来の自分』がやり続けたいと思う事ですか?『今の自分』と『未来の自分』がしたい事に『過去の自分』は関係ないです。

 『過去に〇〇の資格を取ったから、それを活かして〇〇をやりたい』と『今〇〇をしたいから、〇〇の資格を取って成功・成長したい』だと、前者と後者どちらが良いですか?人によって答えは異なりますが、個人的には後者です。『今』と『未来』を大切に出来ればと考えます。

 

最後に

 チャレンジ(行動)しないという事は、自分からチャンスを逃している様な事だと考えます。時には考え過ぎず、チャレンジ(行動)する必要があります。また、成功する為には失敗もする事になるでしょう。失敗は辛かったり苦かったり大変だったりするでしょう。ですが、それが成功へと近づく『成長の薬』となります。気が向いた時でも少しづつでも進んで行きましょう。

thank-you

 最後まで読んで頂きありがとうございます。新しい記事を書いたらTwitterでお知らせしています。良かったら登録お願いします。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ