【心を病む前に】メンタルを守る方法

 日々生活していると様々な原因でメンタルが攻撃されます。この時、無防備だと全ての攻撃を受けなければなりません。考え方を変えるだけである程度防ぐ事ができると考えます。その方法について見ていきましょう。

steps

 

【目次】

  • 他人からの期待を気にしない・他人へ期待をしない
  • 失敗は認め、成功も認めていこう(1時間だけ)
  • 不安を感じたら、逆にポジティブに考える
  • 最後に

 

他人からの期待を気にしない・他人へ期待をしない

 おそらくメンタルが疲れる一番の理由は人間関係にあると考えます。人それぞれ違いはあっても苦手な人や嫌いな人はいるのは当たり前です。また、人によっては例えば上司から色々な事を求められたり、できないと言われる事や嫌な事をあからさまにされる事もあるでしょう。または、同僚や部下が求めている事ができていないとイライラしてしまう等です。これがストレスとなってメンタルにダメージを及ぼします。ですので、他人からの期待を気にしない・他人への期待をしない事でストレスという攻撃から心を守れると考えます。もちろん、自分に問題点があれば解決する為に努力したり、明らかに忠告しないと問題になる事を他人がしていたら介入する必要がありますが、基本は『他人は他人、自分は自分』と心の中では思いましょう。

 他人をコントロールする事はできません。逆に自分はコントロールできます。自分はその環境でベストだと考える事をすれば最善なのです。また、時には他人から嫌がらせなどをされる場合は怒りや悲しみの感情が湧くと思いますが、スルーする事が最善だと考えます。気持ち半分で聞いたり、理不尽な場合は完全にスルーで大丈夫です。この時相手に反論するとお互いに逆効果になる事が多いので注意です。

 

失敗は認め、成功も認めていこう(1時間だけ)

 失敗をしたら落ち込むと思います。失敗を修復する為に面倒な事が求められたり、叱られたりもするかと思います。しかし、いつまでも落ち込んでいても始まりません。一番良くないのはそれで終わらせてしまう事です。そこから学んで成功に変えればいいのです。成功をする為の失敗は価値のある失敗なのです。失敗をして落ち込んでしまったら、その事を思い出して再度チャレンジやリベンジをして頂きたいです。

 逆に成功したら喜び、自分を褒めましょう。自信をつけましょう。そして、次の成功へ向かってまた歩き出しましょう。その繰り返しで自信もつきますし、失敗に強くなると考えます。

 

不安を感じたら、逆にポジティブに考える

 新しいチャレンジや無理難題に直面したら不安を感じる方もいると思います。その先に悪い結果がチラつき不安を感じます。それでストレスになります。ですが、どう思おうが結果は変わりませんし、不安を感じたままだと本来の力を発揮できないケースが多いです。この時、逆に成功すると思いポジティブに考える事が出来れば気持ちも楽になりますし、手際も良くなります。人間はそういう生き物です。ポジティブまで考えられなくても不安を感じないところまでモチベーションを上げられればオッケーです。ストレスが大幅に減りますし、物事も上手くいき一石二鳥となります。

 

最後に

 一言で言うと『思い詰めない』事がストレスを溜めない事になるのだと考えます。問題点を明確化して解決する事も必要ですが、気にしない事も時には必要となります。気にしても仕方のない事もあります。

 自分の場合ですが、仕事の時は仕事に集中しますが、終わったらブログに脳をシフト(?)して仕事は忘れます。上手くオンとオフの切り替えができれば必要以上に疲れない事に繋がると考えます。

thank-you

 最後まで読んで頂きありがとうございます。新しい記事を投稿したらTwitterでお知らせしています。良ければ登録お願いします。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ