格安SIMとは?わかりやすくシンプルに説明します

 格安SIMとは何かを出来るだけわかりやすく記載しました。

これを読めばスマホとSIMの関係について理解できると考えます。

sim-card

格安SIMとは

 大手キャリアはアンテナの基地局を建てたりして大きなコストを費やして速度や通信安定性を確保しています。MVNOがその通信設備を借りる事で設備投資のコスト削減とキャリア並みの品質を得ています。キャリアも貸す事で資金確保している仕組みです。

 

MVNOとは

 MVNOとは、先ほども出てきましたが、『通信設備を持たず借りることでサービスを提供する事業者』の事です。仮想移動体通信事業者と呼ばれています。現在少なくても30社以上があります。

 

格安SIMはどのスマホに使える?

 キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)で購入したスマホにはSIMロックという規制が入っています。例えばドコモで買ったスマホはauに乗り換えた際、auのSIMをドコモのスマホに挿しても使えません。しかし、ドコモのスマホはドコモの通信設備を借りているMVNOの格安SIMであれば使用できます。auのスマホでもauの通信設備を借りているMVNOの格安SIMであれば使えます。

 ちなみにSIMロックは解除できます。条件があるのですが満たせば解除できるのでしておく事をおすすめします。条件とは一定期間の使用などです。

 SIMロック解除されたスマホであれば基本的どのキャリアのSIMでも使えます。基本的にはというと、通信バンドというものがありその通信バンドが対応していれば使えるという事です。国内メーカーの国内向けスマホであればSIMロック解除した時点でほぼどのキャリアのSIMでも大丈夫です。ちなみにiPhoneでもSIMロック解除でどのキャリアでも大丈夫です。

 

抑えておきたいドコモの通信バンド

 ドコモの通信バンドは『1』『3』『19』『21』『28』『42』です。ここで抑えておきたい主要なモノは『』『』『19』です。できれば『21』もあると尚良いです。

 SIMフリースマホと呼ばれる海外メーカーのスマホもこの通信バンドに対応していれば使用できます。

 

SIMには大きさが3種類ある

 SIMには3種類の大きさがあります。標準SIMと呼ばれるSIMが登場した当初に使用されたモノ(25mm × 15mm)。

 MicroSIMと呼ばれる2番目に登場したモノ(15mm × 12mm)。

 nanoSIMと呼ばれる今のほとんどのスマホに使用されているモノ(12.3mm × 8.8mm)。

 自分のスマホがどのSIMなのか確認してSIMを注文しましょう。ちなみにnanoシムであればアダプタを使用してサイズを大きくする事はできます。SIMカッターというもので切って小さくもできます。

 

piggy-bank

 

まとめ

 ここまで読んで頂ければ格安SIMの基本的な部分を理解したと言えるでしょう。これであなたも格安SIMデビューも近い?

Follow me!