一耳惚れ。『E2000』final製4000円のデキじゃない

 通勤・通学におすすめイヤホン。final製のE2000です。価格も4000円で音質を考えると安いと考えます。是非使ってない方は見ていって下さい。

E2000final

音がすごく細かく降ってくる感じ

 finalって単語はイヤホン・ヘッドホンショップで聞いた事がありました。何年も前でした。その時は視聴せずスルーでした。先日、イヤホン・ヘッドホンショップで『E2000』をたまたま視聴しました。視聴コーナーにfinalって書いてある。聞いた事あるから聴いてみようくらいでした。その時の感想が『ん?んん・・おっ高音域キレイに出てる。なんか音が細かい?やばっ』です。ちなみに価格は税別4000円でした。そんな価格帯の音でないです。

 その日は時間があったので色々聴いたんですけど5000円以下のイヤホンの中では一番でした。『E3000』も聴いたんですけど(こっちの方が価格高い)、低音域が出てるんですが高音域では『E2000』の方が出ている感じでした。個々の好みの問題かもしれません。

 でも明らかに『E2000』は、解像度が高いというかリアルでクリアというかキレが良いというか。。。ちなみに低音域もしっかり出てるんですよね。自分だけかもしれませんが中毒性あります。特にアコギの音とかシンバルの音とかヤバイです。

 ってか、見た目で判断しちゃいけないって教わったのですが、細くて良い音でる感じじゃないのに出ちゃうんですよね、これ。w

付属品のイヤーフックがけっこースゴイ

earphone

 袋とイヤーパットがイヤホンについているのとは別に4組とイヤーフックが2個付いています。イヤーフックを付けると線が擦れる音がなくなり快適です。多少引っ張られても耐えます。移動中イヤホンを使用する際に重宝します。

 イヤーパットも5種類入っていて選べますね。このイヤーパットもサイズが最適なモノを選べますし、当たり前ですがイヤホンとの相性はgoodです。

 傘の部分と軸の部分のゴムの硬さが違いそれぞれ最適化されています。傘の部分はフィット感や快適性を軸の部分は良い音を届ける硬度になっています。軸の部分はさらに溝を作りこだわりが感じられます。

 コンプライのTx-200も持っていて使ってみたんですけど、こっちは快適性と音場が広い感じがしました。長時間ゆっくり聴くならこっちだと考えます。純正のイヤパットはしっかりフィットしてダイレクト感がありました。コンプライと比べたら少し耳が痛くなるのですが短時間で通勤で使用などが良いと考えます。しっかりフィットするのでまずは付属のイヤーパットを使ってみて下さい

 ちなみにT-200との違いは耳垢ガードあるなしです。イヤホンの網目に耳垢が入ると音が悪くなるので消耗品の耳垢ガード付きイヤーパットでガードして汚くなったりスポンジが切れてきたら交換するとイヤホンの性能を保つことができます。Tx-200がオススメです。数日間使ってみたところ着け心地は良いのですが移動してると付属の物と比べると外れやすいです。家で座って使う分には着け心地や音など良いのですが。。

tx-200

 

↓3ペアセットのMサイズです。1ペアセットだと1620円なので多数セットがオススメです。

AWARD

VGP2019金賞 VGP2018金賞 VGP2018SUMMER受賞 VGP2017SUMMER金賞

『最新の音響工学、心理学の研究成果を踏まえた音質設計。クリアな音質で音楽を楽しく響かせます。』finalのE2000のページからの引用です。

 

最後に

 『E3000』と好みが分かれるみたいなので試聴できれば良いですね。自分は断然『E2000』です。開放感って言うんでしょうかクリアで広い部屋で聴いている感じが好きです。

 ポータブルアンプでチョット音をいじるとちゃんと、より好みの音に化けます。イヤホンがちゃんと再現してくれてgoodです。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ

一耳惚れ。『E2000』final製4000円のデキじゃない” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。