【心が疲れたら】メンタルの回復方法

 日常に疲れた、誰とも関わりたくない、何を食べても美味しくない、気がつけば吐き気がする等の自覚がある方はストレスが大きく溜まっています。出来れば、ストレスを溜めない事とメンタルを回復させる事を定期的にやる事が良いです。この記事ではメンタルの回復方法について見ていきます。

 

relax

 

【目次】

  • 会話や談笑をする
  • 悩みを紙に書き出して答えを出す
  • 趣味を楽しむ
  • 適切な睡眠と食事と運動を取る
  • 最後に

 

会話や談笑をする

 会話でストレスの原因を親友や信頼できる人との会話でする事が出来れば、ストレスを減らす事に繋がります。ですので、だた話すだけでも気分が晴れると思いますが、愚痴などの話ができればよりストレスが解消できます。ストレスは誰もが感じるモノですのでお互いに話し、聞く事が出来れば良いですね。 

 また、談笑する事で緊張からリラックスに気持ちが傾き、自律神経のバランスがとれます。また、笑う事で脳内物質のエンドルフィンが分泌され、幸福感が生まれます。また、鎮静効果もあるとされています。

 

悩みを紙に書き出して答えを出す

 悩みを紙に書き出しす事で問題を明確化します。明確化した問題に対して自分なりに考え答えを出しましょう。あとは、良くなるように行動すれば良いです。そして、できるならば一旦忘れましょう。また、問題に直面した時その答えを思い出して対処すればオッケーです。対処できなければ、相談できる人に相談したり、また別の解決法を考えて答えを出しましょう。できるならばまた一旦忘れて、また問題に直面した時に答えを思い出して対処の繰り返しです。

 悩みや問題を引きずっていてもストレスを感じやすくなったり、気分が上がりません。解決にもなりませんので、解決になるように一歩ずつ進めばオッケーです。あとは必要以上考えない事が良いです。

 

趣味を楽しむ

 旅行をする、映画を観る、音楽を聴く、ゲームをする等何でもいいので自分の楽しめる事を持つ事が大事です。ストレスの問題を忘れる為に趣味を持ち、ストレスを解消する為に楽しむと心の健康に繋がります。定期的にやれば、例えば週末に楽しみがあると言う事を無意識に考え、それが糧になります。

 

適切な睡眠と食事と運動を取る

 人間は、睡眠中に嫌な事や自身に良くない事を整理していく能力を持っています。一般的に7時間半(1時間半ずつの睡眠が良いとされています。)の睡眠を得る事で脳と体と心のより良い休みになります。

 また、昼食はできれば油っぽい食べ物は避け、栄養のバランスの良い食事が好ましいです(当たり前のことですが)。油っぽい食べ物は疲労が溜まりやすく、また眠くなりやすくなる説があります。日中、眠くなりやすい方は気をつけると解消するかもしれません(体質や効果の現れの個人差があります)。

 昼休みに25分ほどの時間があれば、15分ほど仮眠をとり10分で活動をする為の整える時間にする事で、午後に効率的に脳が動きパフォーマンスが上がります

 運動が嫌いな方は該当しないのですが、自分が好きな運動をする事がストレスの解消に効果的です。運動やスポーツはリズムがあるのですが、それによりセロトニンという落ち着く作用のある物質を分泌します。心の健康に役立ちます。

 特に朝15分ほど運動すれば血流が促進され脳が活性化し、その日のパフォーマンスが上がるとされます。個人差はありますが、心と脳と体に良いので気になったらやってみましょう。

 

最後に

 ストレスによりダメージを受けたら、解消する事が必要になります。上記のような解消を心がければ深刻な状態になりにくくなります。是非、活用してみてはいかがでしょうか。仕事でも心の問題でもオンとオフを切り替える事を心がけると必要以上に疲れない事に繋がると考えます。

thank-you

 最後まで読んで頂きありがとうございました。新しい記事を投稿したらTwitterでお知らせしています。良ければ登録お願いします。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ