【集中力が向上】1日15分程度のウォーキングで効果絶大

 仕事や副業がデスクワークで集中力がもたない方に

特にオススメな事がウォーキングです。

 

 ずっと座っていたり体を動かなさいと筋肉が固まったり

血行が悪くなります。

これを解消し集中力を上げるのがウォーキングです。

 

他にもウォーキングには、

ストレス解消やダイエット効果・うつ病の抑制など

様々な効果があるので見ていきましょう。

 

 

集中力を上げる

 普段、お仕事やライフワークで長時間座っていたり・立っていたり、

動かないと体がなまったり、血液の循環が悪くなります。

この状態が続くと体の硬直がストレスとなり疲れが生まれ

集中力が落ちます。

 

 ウォーキングにより、体がほぐれ体全体の血液の循環が良くなり(脳も)

ストレス解消及び、集中力の向上が期待できます

 

 

ダイエット効果

 当たり前かもしれませんが、ウォーキングはダイエット効果があります。

適度な有酸素運動で脂肪の燃焼・カロリー消費が期待できます

 

 30歳代頃から体の代謝が低下してくるので意識して

ウォーキングをする事で中年太りの予防になります。

 

 

うつ病の抑制

 体を動かさない状態が続くとストレスが生まれ集中力が落ちると

上記では話しましたが、それだけではなく気分も落ち込みます。

 

 運動不足が生じると自律神経の活動が低下し、ホルモンバランスなどの

精神的な部分にも影響が現れます。

 

 気分が上がらない・やる気が出ないなどの気持ちになったら

1度ウォーキングに出かけると気分がリフレッシュしますよ。

15分程度でも大丈夫(効果がある)のでお試し下さい。

 

 

まとめ

 とはいえ、毎日ウォーキングができない方もいると思います。

私は、週2回30分程度のウォーキングをしていますが、

気分も体もリフレッシュできます。

 

 ウォーキング後は体がポカポカで血液が循環しているのを感じます。

 

 ちなみに、お仕事がでクタクタな時に

集中力が上がらない時は寝るのが1番です。

疲労時も集中力が上がりません。

 

ともあれ、気が向いたらウォーキングをオススメします。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連リンクを貼っておきますので、良ければ見てください。

【睡眠と休憩で学習能力を高める】小まめな休憩ワーキングスタイル

【休日も有意義に過ごせる】やりたい事をやる。やる気の出し方・作り方

フォローしてね!