WordPressの使い方【新規記事の書き方について】

 最近の記事でブログを始めるならWordPressがオススメと紹介してきました。今回はWordPressのメイン画面(ダッシュボード)から新規記事を書いて投稿するまでを画像などを見ながら紹介していきます。WordPressを知らない方、やってみたい方向けです。WordPressって良いシステムって分かったけど難しそうと思う方もいるかなと思いまして。書く事そのものは難しくない感じが伝わればと思い記事を作ってみました。

 

write-blog

 

【目次】

  • WordPressの使い方【ダッシュボードからの移動】
  • WordPressの記事の作成画面
  • プログラミングができればコードが使える
  • 最後に

 

WordPressの使い方【ダッシュボードからの移動】

 WordPressのダッシュボードはこんな感じです。

dashboard

 左側にボタンがあり、それぞれ『投稿』『メディア』『固定ページ』などでそれぞれやれる事があります。初心者の方でもすぐに慣れ、簡単に操作できると思います。上の画像の左の上から4個目のアイコン(画鋲みたい)が『投稿』(記事関係)のアイコンです。それぞれのアイコンの内容が下の画像で分かります。

WordPress

 投稿のアイコンにカーソルを合わせると『新規追加』表示されます。

article-wordpress

 この『新規追加』を押すと新規記事の作成と編集及び投稿の編集画面になります。

 

記事の作成画面

article-wordpress

 これが新規記事の作成と編集及び投稿の編集画面になります。ちなみに自分はプラグイン(追加機能)にClassic Editorと言うモノを入れています(無料でインストールできます)。Classic Editorでなくても様々あります。好みのモノを入れると良いです。Classic EditorだとWordやExcelの様な感じになり編集が楽です。

 『タイトルを追加』にタイトルを入れます。メディアを追加ボタンで画像を記事に入れたりする事が直感的にできます。『段落』というところで見出し1〜6(hタグ)を選びます。

 article-wordpress

 こんな感じで文字を打っていきます。『WordPressのダッシュボード』の文字が大きいところが『見出し2』となっています(h2タグ)。パーマリンクが記事のURLとなります。ここは『https://kotaroblog.com/』以降を自由に決められます。今回は『wordpress-write』としました。できるだけ短い事と記事に関係のある言葉が良いです(SEO的に)。自分は重要なところは黄色のマーカー線を引きます。

 article-wordpress

 右側のAに黄色い線が入ったのがマーカー付ける為のボタンです(色は選べます)。自分は主に使う機能は、ほぼこれだけです。たまに『テーブル』という表のアイコンの機能を使うくらいです。書き終わったら右上の『公開』を押せば記事が投稿されます。時間を指定して『公開予約』ができたり『下書き保存』ができます。

 

プログラミングができればコードが使える

 右上の『テキスト』を押すとコードを入れる事もできます。便利な機能を独自で入れたり広告を入れたりする際に使います。

article-wordpress

 基本的には『ビジュアル』で文字を打ったり、編集をするだけでタグや改行などのコードが自動で入力されます。上記の写真のコードも全てWordPressが自動で作成したモノです。プログラミングができるとより自分好みに編集ができます。

 

最後に

 どうでしたか?記事を作成し投稿するまで流れや感じが少しでも伝わりましたでしょうか。WordPressで記事を作成する事はWordやExcelの経験がある方でしたらすぐに慣れます。自分はパソコンのスキルはないですが記事は投稿できていますので、パソコンをやっている方でしたら大丈夫です。繰り返し記事を作成して行けば、文章作成のスキルSEO的に良い書き方など様々なスキルが身についていきます。奥が深いですが、ひとつひとつ攻略していく事をゲーム感覚でやれると楽しいかもしれませんw自分も完成度の高いサイトを目指して攻略を続けます。

 最後まで読んで頂きありがとうございます。新しい記事を書いたらTwitterでお知らせしています。良ければ登録お願いします。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ

WordPressの使い方【新規記事の書き方について】” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。