【macOS不具合】USB Type-Cポートが使えなくなる不具合が発生する場合あり

最近、

MacBook Pro 2019モデルの

調子が悪いのに気がつきました。

 

充電してないのに

充電しているマークが表示される。

 

外部ディスプレイ表示できない。

 

USB Type-Cポートに接続しても

接続機器が反応しない。

 

単なるハードウェアの故障ではないようです。

 

原因と解決方法などを

詳しく見ていきましょう。

 

 

Thunderbolt 3ポートの調子が悪い原因

最近発売した

T2チップを搭載したMacに

多く発生している不具合のようです。

 

きっかけは、おそらく定期的に行う

ソフトウェア・アップデートです。

 

アップデートした後に

不具合になるケースが多いです。

逆にアップデートしたら使える様になる

ケースもあります。

 

ちなみに

MacBook12インチでは不具合が

まったく発生していません。

 

T2チップとは

T2チップは

  • セキュリティの強化(暗号化)
  • セキュアブート
  • SSDコントローラ
  • オーディオコントローラ
  • 画像信号プロセッサ
  • HEVCエンコーダ
  • マイクの管理

などを行い動作を快適にしています。

 

レベルの高い暗号化をリアルタイムに

行っていても他のパフォーマンスが高いのは

T2チップが担当しているからです。

 

また、T2チップのないモデルと比べて

HEVCエンコードのパフォーマンスは30倍になったと

2018年9月のApple Specialイベントで公開しています。

 

MacBook16インチの音響性能が

素晴らしいのはT2チップの恩恵です。

 

しかし、以前T2チップ搭載Macの

オーディオ問題がありました。

 

今も外部ディスプレイに表示がされない、

充電されないなど

USB Type-Cに関係する不具合があります。

 

今回もT2チップ搭載Macの不具合の可能性が高いですし、

そう指摘する方が多いのは事実です。

 

T2チップ搭載のMac

  • MacBook Pro 16インチ2019
  • MacBook Pro 15インチ2018年以降のモデル
  • MacBook Pro 13インチ2018年以降のモデル
  • MacBook Air 2018年以降のモデル
  • iMac Pro
  • Mac mini 2018年以降のモデル
  • iMac 2020年以降のモデル

がT2チップを搭載いています。

 

ちなみに確認方法があります。

 

デスクトップ画面で

左上のアップルマークをクリック。

 

『このMacについて』の

『システムレポート・・・』の中の

『コントローラ』の項目で

T2チップを使っているか確認できます。

 

解決方法

解決方法として

  • アップデート
  • USB Type-Cポート数回抜き差し
  • SMCリセット

などが挙げられます。

 

アップデートで改善する場合もある

不具合が出ていて

アップデートができる状態であれば

アップデート後に改善している場合があります。

 

アップデートが不具合の原因である可能性が高く、

最終的にはアップデートで改善する他ないのです。

 

ここ最近では改善のアップデートが

出されていますが完全に不具合なくなるまでは

進展していない様子です。

 

今後のアップデートに期待です。

 

USB Type-Cポート数回抜き差し

USB Type-Cポートに

接続機器や電源ケーブルを

抜き差しすると反応する場合があります。

 

これで改善する場合もありますが、

数日で同じ不具合が出る場合もあります。

 

それでも使える様になる可能性があるので

試す価値はあります。

 

SMCとは?リセットする手順

SMCとは

システム・マネージメント・コントローラの略です。

 

USB Type-Cポートの充電や残量の管理

(電源関係の管理)・冷却ファン管理・

各種センサー(環境光やフタの開閉)

などをコントロールしています。

 

今回、不具合が発生している箇所と

コントロール部分が重なっています。

 

SMCリセット手順(MacBook)

  • Macをシステム終了する
  • 電源ボタンを10秒間長押し、放す
  • 数秒待ってから電源ボタンを押して電源を入れる

これで解決したか確認して下さい。

 

できない場合、下記に進みます。

  • Macをシステム終了する
  • controlキー
  • optionキー
  • shiftキー

を7秒間押し続け、

電源ボタンも長押しし7秒間続け、放します。

 

その後電源ボタンを押して電源を入れます。

 

 

デスクトップ型のSMCリセット手順

  • Macを終了させ、電源コードを外す。
  • 15秒待ってから、電源コードを直す。
  • 5秒待ってから電源ボタンを押して電源を入る。

 

まとめ

T2チップは

  • 暗号化でセキュリティアップ
  • 処理を行いパフォーマンスアップ

などメリットは大きいです。

 

ただ不具合も発生しており

早急に対応したアップデートが望まれます。

 

ソフトウェアの問題で

パフォーマンスが低下する別の不具合も

発生しています。

 

そういったソフトウェア問題は

アップデートで解決しますが、

アップデートが来るまで待つ他ありません。

 

T2チップは最近の技術ですので、

改善を重ね熟成させる必要があるのでしょう。

 

T2チップが本当の意味で完成するのは

もう少し先になるのかもしれません。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうがございました。

関連リンクを貼っておきます、

良ければ見て下さい。

【2020年】MacBook Pro MacBook Airは用途で選ぶのがおすすめ!スペックや価格と同じくらい重要

 

【2020年おすすめ】MacBookを買ったら一緒に揃えたい周辺機器・アクセサリ紹介

 

フォローしてね!

【macOS不具合】USB Type-Cポートが使えなくなる不具合が発生する場合あり” に対して1件のコメントがあります。

コメントは受け付けていません。