イヤホンのエージングについて【最初は硬いので準備運動が必要】

 結論から言うと

買ったばかりのイヤホンの音と

使い込んでからのイヤホンの音は違います。

 

イヤホンは内部にスピーカーが入っており、

振動板と呼ばれる振動する部分があります。

最初はこの振動部分が滑らかに動きません。

音を鳴らしてあげたり、

エージングという音の鳴らし運動する事で

本来の実力が発揮できます。

 

このエージングについての記事です。

 

aging

 

 

【目次】

 

イヤホンのエージングとは

iphone

 

 イヤホンには再生周波数というモノがあります。

例えば、20Hz-20kHzだと

低音が20Hzで高音が20kHzになります。

音を鳴らせる範囲になります。

 

製品を出荷する時に作動確認はあるとは思いますが

1Hz単位で音を鳴らしていないので

最初は音がこもっていたり、硬い感じの音がする場合もあります

 

エージングとは、

再生周波数を1Hz単位で鳴らして上げる事で

イヤホン本来の性能を引き出す作業となります

 

普段聴いている曲を流すだけでも

エージングになりますが、

その曲に使われない周波数は

鍛えられないので

(その曲で使われる部分は馴染む)

エージング専用の音源があります。

 

エージングのやり方

couch

 

 音量は普段聴くくらいか少し大きめで流します

先程の様に自分のよく聴く曲を流す方法があります。

これにより、自分の好きなジャンルの音が馴染み

しっかり音が出る様になります。

 

また、ノイズを使った方法があります。

ピンクノイズとホワイトノイズと呼ばれる

音源を流す事で収録された周波数が馴染みます。

 

高音の音割れする場合、

ピンクノイズを使うと改善すると

言われています。

ピンクノイズは高い周波数のレベルが低く

低い周波数のレベルが高い波形になります。

これにより上記の効果が期待できるとされます。

 

ホワイトノイズは

全ての周波数を均等に鳴らすので

全ての周波数でエージングができます。

 

エージングの時間

headphone

 

 イヤホンの場合、

エージング時間は30時間前後とされます。

 

イヤホン専門メーカーのAVIOTも

自社の製品のエージングをオススメしています

TE-BD21f-pnkの商品についても

30-50時間エージングをする事で

音の成長を楽しめるとしています。

 

この事からも興味があれば

エージングをオススメします。

 

エージング音源の入手

plant

 

 エージングの音源はCDもありますが

YouTubeでも投稿されています。

エージングというアプリもありますので

ググってみると出てきます。

音響メーカーのChord&Majorのサイトでも

1時間でエージングを終わらせるモノもあります。

 

1時間でエージングを終わらすモノは負荷がかかりそうなので

音量少なめでやった方が良いかもしれません

(自己責任でお願いします)。

 

エージングの効果

Mavin AirXR

 

 自分はスマホで音楽を聴くので

YouTubeのノイズを使ってみましたが

音がしっかり出る様な気がします。

オススメのイヤホンの

Mavin Air-XRという完全ワイヤレスイヤホンがあるんですが

最初はこもった感じがありましたが

(イヤホン選び失敗したと思いました)

エージングや使い込んでいくと

確実に最初のこもりがなくなりました。

 

まとめ

 エージングは、科学的根拠がないなど

言われる事もあります。

しかし、人間の耳で感じる事ができる

(自身で実感している)のでオススメです。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

新しい記事を公開したらTwitterでお知らせしています。

この記事が良かったと思ったら、是非登録お願いします!

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ