【失敗しない為の選び方】メリット・デメリットを理解してイヤホンとヘッドホンを選ぼう

 イヤホン・ヘッドホンの使用感や

音質・見た目・メカニカル的視点などの理由から

失敗しない為のイヤホン・ヘッドホンの選び方を

リサーチャー(リサーチマニア)の

(調べている時が1番楽しい)Mr.Kotaroがご説明します。

 

headphone

 

 

【目次】

 

自分にあった使用目的から選ぶと失敗しない

 当たり前なのですが、まずどの様な状況で

使用するか想定してイヤホン・ヘッドホンを選びましょう。

 

 イヤホンとヘッドホンの使用感の違いとしては

まずサイズの違い、大きさです。

 

 近年、売れているのは圧倒的にイヤホンです。

だいたい、60%(ワイヤレスイヤホン)、

30%(有線イヤホン)

10%(有線ヘッドホン&ワイヤレスヘッドホン)。

 

単にキーワードとしても

イヤホンはヘッドホンの5.5倍程の検索があります。

(Googleのサーチエンジン)

 

この事から購入する理由として

外での使用を考えている方がほとんどという事が

考えられます。

 

もちろん持ち運びに向いているのは、

コンパクトなイヤホンが向いています。

 

逆にヘッドホンは持ち運びには向いていないので

家でのリスニングに向いています。

持ち運ぶけれど、

大きくても良い方はヘッドホンも選択肢に入ります。

 

使い難い・邪魔になるというモノは

最終的に使わなくなります。

ご注意ください。。

 

どうしてもヘッドホンを試したい方は、

ヘッドホンを持ち運び用に買ったけど

やっぱり邪魔だから。。。

でも家で使う用にシフトするという方法もありますが、

イヤホンも買う事になります。

 

earphone

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

音質の違い

 音質については、

一般的にヘッドホンの方が良いとされています。

理由は、音を鳴らす

『ドライバー』『ユニット』と呼ばれるモノが

大きくできるからです。

 

個人的には、超重低音などの音は

ヘッドホンの方が優位だと思います

(ドライバーの大きさが、大きく関係するので)。

 

それ以外の音は、価格や作りの違いで

イヤホン内やヘッドホン内でもピンキリです。

イヤホンだからヘッドホンだからという事では

なくなると考えます。

 

最近は、

低価格でも高音質を実現しようと

沢山生み出されているのはイヤホンがなので

(部品の安さ)

高音質なイヤホンが年々増えています。

これもイヤホンが売れている理由です。

 

イヤホンの中には

ドライバー(イヤホンの中にある小さなスピーカー)が

3個入っているイヤホンもあり

(低音ドライバー、中音ドライバー、高音ドライバーそれぞれ内臓)

小さいイヤホンでも低音から高音までバランス良く

再生できるモノもあります。

 

なので、ドライバーの大きさで

ヘッドホンが良い。

ドライバーの数からイヤホンが良いなど

一概には言えません。

 

それぞれに得意分野があるので

聴く音楽によって選ぶ必要があります。

 

まとめ

 今回はこのくらいで締めたいと思います。

おそらく多くの方はイヤホンが

イイなーっとなったのではないかと思います。

 

需要の高い『イヤホンについて』

更に詳しく、今後記事にしていきます。

興味のある方は是非そちらも読んでみて下さい。

 

ヘッドホンの方すいません。。( ̄▽ ̄;;

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

新しい記事を投稿したらTwitterでお知らせしています。

この記事が良かったと思ったら、是非登録お願いします。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ