【おすすめイヤホンとその選び方】イヤホンの種類と接続方法の違いについて

earphone

前に『【失敗しない為の選び方】メリット・デメリットを理解してイヤホンとヘッドホンを選ぼう
という記事を書きました。

その続きみたいな記事となります。

 

自分に合ったイヤホンを選ぶ為の

基礎知識を少しでもお届けできたらと思います。

 

音楽を再生する為の必需品のイヤホンですが、

イヤホンも形の違いがあります。

 

また、接続も昔からある有線のイヤホンや

Bluetoothというワイヤレスで音楽を聴けるモノがあります。

 

それらについて初心者向けに説明していきます。

 

 

イヤホンの形の違いについて

 イヤホンの形の違いについては、大きく分けて3つあります。

  • カナル型イヤホン 
  • インナーイヤー型イヤホン
  • 耳掛け型イヤホン

 

<カナル型イヤホン>
カナル型イヤホンは、耳穴の奥まで直接入れる形状で遮音性が高く、

音漏れが少ない特性を持ちます。

 

低音域から高音域まで広く表現でき、

密閉性が高いので細かい音も届けられます。

 

高音質にできる為、

多く販売されているのは、このカナル型イヤホンとなります。

AirPodsProもカナル型となりますね。

created by Rinker
¥25,813 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥31,400 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,300 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,990 (2020/08/12 04:14:13時点 楽天市場調べ-詳細)

 

<インナーイヤー型イヤホン>

昔はイヤホンと言えば、インナーイヤー型でした。

耳の穴に当てるのですが、奥までは入り込まない形状です。

 

密閉性が低い為、遮音性や音漏れ性能は低いです。

逆に開放感があり、

通話用や無線機などでは使用しやすい特性となります。

 

スポーツしながらの使用も向いていると考えます。

高音域が得意となります。

 

<耳掛け型イヤホン>

このイヤホンは耳の穴ではなく

耳全体に当てるタイプのイヤホンです。

 

開放タイプで遮音性や音漏れは期待できません。

音質はクリアな感じになります。

 

ドライバーを大きくできるのが特徴となります。

 

<おまけ>

『カナル型とインナーイヤー型の中間のタイプ』
(BluetoothだとAirPodsやGLIDIC SPT-7000など)もあります。

 

インナーイヤー型と呼ばれる事もありますが形状は中間ですね。

スポーツしながらの使用にオススメ。

created by Rinker
¥13,780 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)

 

イヤホンの接続方法について

昔からある有線で接続するイヤホンと

Bluetoothと呼ばれる無線のイヤホンがありますね。

 

<有線イヤホン>

イヤホンジャックというピンを穴にさして接続する方法です。

最近のiPhoneで廃止されたりAndroidのスマホもないモノが増えていますね。

 

基本的には、

無線の接続よりも高音質で聴けるメリットがあります。

ハイレゾ対応のイヤホンは、ほとんど有線のモノです。

 

有線のイヤホンは、音を出す部分と線の部分を

切り外す事のできるイヤホンがあります。

 

切り離す部分の端子の違いがあり

『MMCX端子』『カスタム系2ピン端子』などあります。

 

他にも独自規格の切り離しタイプがあります。

ソニーやオーディオテクニカ、ゼンハイザー、AKGなど

各メーカーのイヤホンやヘッドホンが当てはまります。

 

<Bluetoothワイヤレスイヤホン>

Bluetoothイヤホンは無線で接続できます。

 

大きく分けて

『完全ワイヤレスイヤホン』と

『左右一体ワイヤレスイヤホン』があります。

 

『完全ワイヤレスイヤホン』は。

その名の通りイヤホンが左右で独立しているイヤホンです。

 

線がないので非常に使い勝手が良いです。

現在、最も売れているイヤホンとなります。

落下した際は紛失や破損の恐れがあります。

created by Rinker
¥25,813 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥31,400 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,652 (2020/08/11 22:18:06時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥10,670 (2020/08/12 03:29:02時点 楽天市場調べ-詳細)

 

『左右一体型イヤホン』は、

左右のイヤホンが線で繋がっているが、それで完結しているイヤホンです。

 

線を首の後ろに回したりでき、コンパクトです。

『完全ワイヤレスイヤホン』よりも紛失の可能性が大幅に少ないです。

逆に線がジャマになる事もあります。

AVIOT WE-BD21d
created by Rinker
¥3,515 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)

 

(おまけ)
『Bluetoothレシーバー』というモノもあります。

小さいモノだとマッチ箱くらいの箱が

Bluetoothで接続され、有線のイヤホンが接続できるので

有線のイヤホンでも再生機とワイヤレスでの接続を可能にします。

 

お気に入りの有線イヤホンもワイヤレスに!

 

Bluetooth接続の違いについて

ワイヤレスイヤホンのBluetooth接続ですが、

接続速度やデータ送信量の違いで

コーデックという名称が違います。

 

  • SBC
  • AAC
  • aptX(CD級の音質)

↓ここからハイレゾ級

  • aptX HD
  • aptX LL
  • LDAC

 

<SBC>
Bluetoothの接続機器は全てSBCのコーデックができます。

SBCはBluetoothの基礎的な通信方式で

今となってはデータ送信量が少なく速度も遅延がある為、
(遅延、約0.22秒)

SBCのみのコーデックのBluetoothイヤホンはオススメできません。

 

ですが、一概にSBCがダメとも言えず、

SBCの音質が好みがの方もいます。

ですが、動画視聴は音ズレがあるので厳しいです。

 

ちなみにBluetoothの音が悪いと言われる由縁がSBCです。

SBCの音質を聴いた方が

『Bluetoothの音質が悪い』と言ったのが始まりの様です。

 

この後、CD級の音質やハイレゾ級の音質の再生が可能の

通信方式(コーデック)が生まれました。

 

見ていきましょう。

 

<AAC>
主にiPhone・iPadなどのiOSで使われているコーデックです。

SBCよりもデータ送信量が多く
(可変bitレートで256kbps)

通信速度も速いので
(遅延、約0.12秒)

SBCよりは動画視聴しやすいです。

だいたいCD音質並みです。

 

<aptX>
主にandroidやウォークマンの様な音楽再生機器で

採用されているコーデックです。

 

こちらはAACよりもデータ送信量が大きくて
(44.1kHz/16bitで352kbps)

速度も速いので
(遅延、約0.07秒)

動画視聴や高音質音楽の再生に適しています。

 

<aptX HD>
aptXの高性能バージョンです。

aptXよりもデータ送信量が大きくて
(48kHz/24bitで575kbps)

通信速度も速いです。
(遅延、約0.04秒)

 

<aptX LL>
aptX HDよりも更に高性能バージョンです。

aptX HDよりもデータ送信量が大きくて通信速度も速いです。

 

<LDAC>
ソニーが開発したハイレゾ級の音を再生する為の通信コーデックです。

最大で96kHz/24bitデータと990kbpsというビットレートを扱えます。

 

iPhoneであればAAC、

AndroidであればaptXであれば

大丈夫です。両方対応して入れば尚良しです。

 

ドライバーの違いについて

 ドライバーとは、イヤホンの内部に入っている音を出す部分です。
(スピーカー部分)

ドライバーにも種類があり、

  • ダイナミック型
  • バランスド・アーマチュア型
  • ハイブリット型

などがあります。

 

『ダイナミック型イヤホン』は、

多くのイヤホンで採用されているタイプです。

 

ドライバー(コイルと振動板が音を作り出す部分)が

左右のイヤホンの中に各1個入っているのがダイナミック型イヤホンです

低音域が得意で、径が大きい方がより得意です。

created by Rinker
¥25,813 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥31,400 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,300 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥10,670 (2020/08/12 03:29:02時点 楽天市場調べ-詳細)

 

 

『バランスド・アーマチュア(BA)型イヤホン』は、

ダイナミック型とは構造が異なり、

振動板をピンで振動させる事で音を出します。

 

ダイナミック型よりもコストがかかりますが、

細かい音を再現でき、中音域や高音域が得意です。

省スペース化、軽量化、省電力化が可能でドライバーが3個搭載したイヤホンなどあり、

多いと10個以上のドライバが搭載されたイヤホンなどもあります。

SONY XBA-100

 

 

ハイブリッド型イヤホン』は、

ダイナミック型とBA型のドライバーが

両方入ったイヤホンとなります。

 

低音域から高音域まで広く表現できます。

音の解像度が高く、

音の1個1個が聴き分けやすいです。

AVIOT WE-BD21d
created by Rinker
¥14,652 (2020/08/11 22:18:06時点 楽天市場調べ-詳細)

 

まとめ

イヤホンと言っても色々あるのですね。

個々人の好みもあるので一番良いのはコレ!って

いうのがないのがイヤホンです。

 

自分にあったイヤホンを見つけるのも一つの楽しみですね。

 

ここに載せたイヤホンは

全てオススメのイヤホンですが、

最初に買うならコレかなというモノをチョイスしました。

MavinのAir-XRとAVIOTのTE-BD21f-pnkのレビューした記事があるので
一番下にリンク貼っておくので興味ある方は読んでみて下さい。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

created by Rinker
¥25,813 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥31,400 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,652 (2020/08/11 22:18:06時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥10,670 (2020/08/12 03:29:02時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥14,300 (2020/08/12 04:38:26時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,990 (2020/08/12 04:14:13時点 楽天市場調べ-詳細)

 

【コンパクトで超軽量!高音質でおすすめ】完全ワイヤレスイヤホンMavin Air-XRレビュー

【おすすめの完全ワイヤレスイヤホンレビュー】 AVIOT TE-BD21f-pnk(ピエール中野監修のピヤホン) SpinFit付属

フォローしてね!