【初期化方法・手順】MacBookで外付けSSD・HDDが書き込めない(認識しない)時はフォーマットが必要

手順
外付けのSSD・HDDをMacBookへ接続しても、いきなりは使用できません。

そう、フォーマット・初期化が必要となります。

この記事ではフォーマット・初期化方法のやり方の紹介となります。

 

外付けSSD・HDDを買ってMacBookで使うと思っている方、

買ったけど使えない方向け記事です。

簡単ですので、ぜひ軽く見て下さい。

 

 

外付けSSD・HDDの初期化方法・手順

SSDフォーマット
まず、『Launchpad』を開きます。

SSDフォーマット
『ディスクユーティリティ』をクリック。

 

SSDフォーマット
この画面が表示されます。

内臓ストレージと外部ストレージを見る事ができます。

今回は外部SSD・HDDの初期化(フォーマット)なので外部のディスクをクリックして下さい。

『SanDisk Extreme…』と言うところです。

 

SSDフォーマット
そうするとディスク名『SanDisk Exteme SSD Media』、初期化前と記載されています。

ディスク内にデータがあると初期化で消えますので必要に応じて取り出して下さい。

ディスク名の上の『消去』ボタンを押します。

SSDフォーマット
すると上記の確認画面が表示されますので、『消去』ボタンをクリックします。

 

SSDフォーマット
今回は外付けSSDとして使用するので『使用しない』または『後で決める』を選択。

 

SSDフォーマット
問題なければ上記の画面になりますので、『完了』をクリック。

 

SSDフォーマット
これで外付けSSDとして認識されます。

接続するとデスクトップ画面にこのアイコンが表示されます。

 

外付けSSDを外す時は、『取り外す』を選択しよう

一応、外付けSSDを外す時は、アイコンを右クリックして

『取り外す』を選択してから外すと良いでしょう。

 

急いでいる時など、いきなり抜いても問題ない事がほとんどですが

万が一にも故障の原因となる可能性があります。

 

※データ送受信時はもちろん外してはいけません。

 

まとめ

今回の方法で初期化(フォーマット)したSSD・HDDは、他のmacOSで使用できます。

ですが、WindowsやAndroid端末では使えなくなります。

今回使用した、おすすめSSDの記事と関連記事を最後にリンク貼っておきます。

興味あれば見て下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

【大事なデータだから高耐久・IP55防滴】SanDisk Extreme ポータブル SSD

【2020年おすすめ】MacBookを買ったら一緒に揃えたい周辺機器・アクセサリ紹介

 

フォローしてね!