未来のスマホ市場って?(予想)

 自分は、スマホが世に出始めてからすぐスマホを使いはじめたスマホ世代です。

1台目はREGZAフォンを買いました。

テレビでお馴染みのREGZAのスマホです。

当時としては大きめの5インチディスプレイでした。

色々とあってすぐに変えましたが逆に色々あって思い出深いスマホです。

今回は、今後のスマホとはというテーマで書いていきます。

個人的な考えの記事です。

 

office

 

最適なスマホとは

これに関しては個々で変わってきます。

スマホで何をするのか、何を求めるかで大きく違いますね。

 

動画鑑賞やゲームをするのであれば大きなディスプレイのスマホが適している。

動画の編集や書き出しをするのであればスペックの優れたスマホが適している。

携帯性の優れたものがいいのであればコンパクトなスマホが適している。

様々ですね。

そういった需要の多様化により多くの種類のスマホが市場にはあります。

個々のニーズに対応する為、細かく設定の違う一見同じ様なスマホが色々とあります。

しかし、技術の進化によりディスプレイが大きくてもベゼルのほとんどないスマホが登場しました。

携帯性の良いコンパクトさとエンターテイメントを楽しむ大画面の両立です。

また、以前の高スペックと言われた性能が今はミドルスペック程度となり、

ほとんどのスマホで快適にほぼ全てのアプリが使える様になっています。

 

どのスマホを選んでも大ハズレがなくなりました。

5.7インチベゼルレスのスマホで全てのニーズに対応

スペック面でも高スペックを必要としない現在(ミドルスペックでも昔の高スペック)、

大きさとして5.7インチのベゼルレスのスマホで全てのニーズに対応すると考えます。

そのくらいが人間の丁度いいレベルだと考えます。

 

おそらく5.5〜6.0インチくらいのスマホが今後の市場に溢れます。

その後、ピンポイントに5.7インチ前後くらいのスマホが主流になるでしょう。

逆にファブレットや小さめのスマホも登場するでしょうが、

そういうスマホを使っている人たちも最後には5.5インチ辺りに落ち着くと考えます。

 

日本では品質の高いスマホが売れる時代

現在もすでに少し入りはじめていますね。

昔は、プラスチックっぽいスマホも沢山ありました。

今はアルミ製やスチール製、ガラス製の表面などで

手触りから高級感のある仕上がりのスマホが普及しています。

今後もこの傾向で売れていくでしょう。

個人的には国内のスマホメーカーに頑張ってほしいです。

それぞれ光るモノがあるのでウリにできればと考えます。

 

新OSの開発と登場

kuala-lumpur

 

今はGoogleの『Android』とAppleの『iOS』の2トップです。

 

今後はさらにGoogleの独自ブランドのスマホが登場し売れる事が考えれます。

それに負けじとAppleもよりクールなスマホを考え世の中に出していくでしょう。

 

そして、Androidに加入しない又は加入できないメーカーが出始めるとそのメーカーの共同で新OSの開発が始まります。

そのことにより新規事業のメーカーにもチャンスが生まるなどメリットがあるからです。

単独で新OSの開発はコストや技術、時間の面で難しい事から共同というのがキーワードです。

中国の複数のメーカーによる開発が可能性として高いと考えます。

その開発したOSが搭載された中国メーカーのスマホが発展途上地域など

多くの地域に安価に提供し始めるとOSの勢力が大きく変わってくるでしょう。

 

Androidも最初はアンドロイドってなに??っていう感じでしたが、

数年で当たり前のモノになりましたので、

新OSもあっと言う間に普及する可能性があります。

 

最後に

来年からプログラミングが必修科目になるとニュースで見ました。

もしかしたら、皆がプログラムを作れる時代になるかもしれません。

個々が自分に合ったスマホのプログラムを組み

モバイル機器にインストールし使う時代がくるかもしれません。

またはOSは共有のモノがあって、個人がOSを作り、それを販売する時代になるかもです。

 

ちょっと未来を予想してみました。

すぐに大きな変化はないでしょうが

技術の進歩は急速に早まっているので置いていかれない様に頑張ります。w

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ