外聴き最強29gのBluetoothポータブルアンプ『AT-PHA50BT』

 持ち歩き用の薄くて軽くてコンパクトなポータブルアンプを探していました。

今まで使っていたのはFiioのE07Kですが十分コンパクトなのですが、

もっとコンパクトなポータブルアンプはないかと探していました。

良さげなモノがあったので買っちゃいました。w

半年使用のレビューです。

at-aha50bt

 

超軽量29gの『AT-PHA50BT』

audio-technicaの『AT-PHA50BT』のレビューです。

外聴き用のコンパクトなポータブルアンプです。

重さは29gと超軽量でポケットに入れたら忘れるくらいです。

大きさもコンパクトスマホのiPhoneSEの1/3くらいです。

マッチ箱くらいだと思います。

at-pha50bt1

 

本体にマイクが付いてます。

写真の真ん中(VOLとイヤホンジャックの間)です。

軽いので付属のクリップを使い

服の襟などにつければハンズフリー通話もできます。

at-pha50bt2

自分は付属のクリップの存在に気が付かず

箱と一緒にゴミ箱にいったのかなぁ。。

調べて気がつきました。汗

 

コンパクトでもしっかり高音質アンプ

まずBluetoothのAACコーデックに対応していて、音質の劣化抑制します。

iPhoneはこのAACコーデックを使うので高音質での再生に対応しています。

ヘッドホンはAKGのK450で聴いていますが、

高音は綺麗に出ています。

中音低音も鳴り過ぎなくキレ良く鳴ってます。

一応、エフェクトがつけられますので、

『Flat』『Acoustic』『Vocal Boost』『Bass Boost』『Virtual Surround』の中から好みを選べます。

『Flat』が一番ナチュラルで好きでした。

あと、ノイズはノイズレスと言えるレベルです。

 

もうひとつ、圧縮ロスの少ない『aptX』に対応しています。

高音質な音楽の再生を目的に作られていますのでグッドです。

こちらはXperiaなどが対応しています。

使用した機種はXperia XZ2 premiumですが迫力や細かい音もしっかり鳴ってる感じです。

Xperiaはイコライザがデフォルトでついてるので好みの音にカスタマイズできます。

音自体も『aptX』が効いているからか超高音質で聴けました。

さすがSonyって感じです。文句なしw

今日はそっちじゃない。w

at-pha50bt3

 

Bluetoothで好きなヘッドフォンやイヤフォンで聴ける

ここ大きいですよね。

Bluetoothは使いたいけど、お気に入りのヘッドフォンで音楽が聴きたい。

両方使いたい。『AT-PHA50BT』で両方使っちゃおう!

 

電池の持ち具合

再生時間は3時間充電で8時間再生となっています。

毎朝、電車で使っていますが一週間くらいは使えるかと思います。

週一で充電でOKって感じです。

充電端子はMicroUSB-bです。

 

曲名の表示

自分は『Spotify』を使っているのですが、

iPhone(AAC)だと曲名の表示ができますが、

Xperia(aptX)だと曲名の表示ができませんでした。

ちなみに有機ELディスプレイです。

4000万曲持ち歩ける『Spotify』無料版で十分

 

音量調整

音量の調整ダイヤルが付いています。

ここで調整するのはアンプ側の音量だけです。

スマホの音量とは連動していないので個人的にはグッドです。

細かい設定ができるし、他のBluetooth機器につなぐ事もあるので

独立して調整できた方がいいからです。

 

ロック機構

電源のスライドスイッチがあり、

ONと逆側に押すとロックがかかります。

at-pha50bt

 

再生ボタン搭載

at-pha50bt

電話もボタンで操作してかけられます。

 

最後に

マイクのついていない、

Bluetoothに対応していない、

お気に入りのヘッドフォンがある方はおすすめです。

 

汎用性高いです。スピーカーにつないでもいいですね。

さらにポータブルアンプにつないぐ事もできますw

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ

外聴き最強29gのBluetoothポータブルアンプ『AT-PHA50BT』” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。