【AVIOT TE-BD21f-pnk 追加レビュー】音質をこだわった、ハイブリッド・トリプルドライバ(DDx1 BAx2)は素晴らしい

te-bd21f

AVIOT TE-BD21f-pnk

発売から約1年が経ちました。

再レビューです。

 

音質で選ぶなら

TE-BD21f-pnkで間違いないでしょう。

 

目を閉じTE-BD21f-pnkでLive音源を聴くと

Live会場にいるかの様に錯覚します。

 

高感度のハイブリッド・トリプルドライバ(DDx1 BAx2)で

音がとてもリアルで高・中・低音不足ないです。

 

詳しく見ていきましょう。

created by Rinker
AVIOT
¥19,893 (2020/08/12 10:11:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

音質

このTE-BD21f-pnkは

音質をトコトンこだわった

完全ワイヤレスイヤホンです。

 

特に低音が『深く響く』感じの音も

表現できていて質や解像度が高いです。

量もあって重低音好きな方にもオススメできます。

 

家電量販店のサラウンドシアター試聴コーナー

で地響きの様な重低音がなるのを

聴いた事があるのですが

そんな重低音がTE-BD21fも再現できています。

 

このイヤホンで映画を見ても良いですし、

EDM系も最高です。

 

それでいてクリアで

高音もしっかり再現できています。

刺さらないギリギリのところまで

出ていて高感度さを感じます。

 

モニターイヤホンだと刺さるところまで

出力しますけど、高音が刺さらないので

心地良いです。

 

中音も

ヴォーカルの息遣いや伸びやかさ、

そういう繊細な感じが

しっかり伝わってくる音で良いです。

 

ハイブリッド・トリプルドライバ(DDx1 BAx2)

 

TE-BD21f-pnkはコンパクトながら、

ダイナミック型ドライバ(DD)が1基

バランスドアマチュア型ドライバ(BA)が2基

搭載されています。

 

それぞれ得意な音を担当しています。

DDで低音を

BAx2で中・高音を再生。

 

プロが使うデュアルBAモニターイヤホンに

重低音豊かなダイナミックドライバーが

合わさった贅沢なイヤホンです。

 

質感・サイズ・重さも良い

piyahon

イヤホンの形は特殊で筒状です。

 

ハイブリッド・トリプルドライバ搭載するため

この様な形になったのでしょう。

 

特別大きい事はないです。

 

装着も回しながら最終的に

出っ張っている部分を下側にすると

しっかりハマります。

 

トリプルドライバですが重さは、

他のドライバ1基の完全ワイヤレスと同じです。

(5.4g)

 

充電ケースも小さいとは言えませんが、

ソニーやゼンハイザーなどと同じくらいだと思います。

 

イヤホンのローレット加工部分の

素材はジュラルミン削りだしパーツを使用。

質感高いですし、ノイズを抑える考えを

取り入れて造られているとの事です。

 

ピエール中野氏監修

TE-BD21f-pnkは、

『凛として時雨』のドラマー、

ピエール中野さんが監修

チューニングをしたモデルとなります。

 

通常版は、TE-BD21fです。

 

音質の違いは簡単に言うと

pnkの方が低音を増やした感じだそうです。

 

見た目がシルバーからゴールドになっていたり

イヤホン本体と充電ケースに

ピエール中野さんのロゴ特別に入っています。

 

また、セミハードケースが特別に付属しています。

hardcase

通称:ピヤホン

と呼ばれています。

 

スペック・Bluetooth仕様

  • ダイナミックドライバー9mm
  • USB Type-C充電ポート
  • 充電時間2時間
  • 再生時間最大7時間
  • IPX5防水規格
  • Bluetooth5.0
  • aptX・AAC対応

 

高感度で繊細な音の再現とホワイトノイズ

小さな音の『ホワイトノイズ』があります。

無音を再生している時『サー』と小さな音がわかります。

無音時以外はわからない程の音です。

 

このノイズについては色々考えました。

 

私はノイズがあるから製品として悪いというより、

明らかに他の製品よりも高感度で繊細な音が再生できる点から

ギリギリまでリアルな音を追求した結果だと思います。

 

本来、音源にノイズが入っている場合もあり

高感度でないイヤホンだとノイズが

再生されないケースもあります。

 

音質に関しては素晴らしく、

繊細な小さな信号にも反応できていると

考えると不具合ではないとも考えられます。

 

約2万円程でハイブリッド・トリプルドライバ、

かなり良い音質を表現できていています。

 

個人的には4万円程の完全ワイヤレス級と

同等クラスです。

 

そのくらいコストをかければ

ノイズも消えるのかもしれませんが

低価格を実現して提供しています。

 

聞こえない程のホワイトノイズよりも

評価すべき点はあるかなと思います。

 

 

 

初期ロッド辺りの製品は不具合があると

AVIOTが公式サイトで告知しています。

もし不良品を買ってしまったら対応してもらいましょう。

AVIOT公式サイト

 

エージングで角がとれた

はじめてTE-BD21f-pnkを聴いた時は

トリプルドライバという事もあって

聴き疲れするなぁ・・といった印象でした。

 

イメージとしては、

解像度が高くてイヤホンモニターな感じだけど

3個のスピーカーがまとまりなく

音をそれぞれ鳴らしている感じでしょうか。

 

10時間・100時間と聴き込んでいくと

気付いたら聴き疲れしない角がとれた感じの

音にまとまってきたかなと思います。

 

重低音がしなやかに響き

中高音も伸びて良い感じです。

 

AVIOTも最低30-50時間の

エージングを推奨しています。

 

まとめ

人気商品で発売した年は品切れ状態でした。

やっと供給が追いついて買えるようになりました。

 

また、

ホワイトノイズや不具合もあって

その都度調べました。

 

結果的には治ったりノイズがあっても

完全ワイヤレスイヤホンでここまで高解像度、

良い音質ならオススメかなと思い再度記事にしました。

 

TE-BD21f-pnkでしか体感できない音があります。

ハイブリッド・トリプルドライバーに興味がある方は

ぜひ聴いてほしいです。

created by Rinker
AVIOT
¥19,893 (2020/08/12 10:11:51時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連リンクを貼っておきます、

良ければ見て下さい。

【おすすめの完全ワイヤレスイヤホンレビュー】 AVIOT TE-BD21f-pnk(ピエール中野監修のピヤホン) SpinFit付属

【TE-BD21f不具合】イヤホンの片方からしか聴こえない時の対処法

 

【コンパクトで超軽量!高音質でおすすめ】完全ワイヤレスイヤホンMavin Air-XRレビュー

フォローしてね!