ブロックチェーンの技術の仕組み

 今回はブロックチェーンについて書いていきます。

 

 

ブロックチェーンとは

『分散型ネットワーク』と呼ばれてる。

ブロックチェーンというネットーワークを参加している沢山の人のパソコンで支えられています。

記録を分散してそれぞれが持っています。

ひとつのコンピュータが壊れても問題がないのが特徴です。

2017年の末に高騰していた仮想通貨は現在低迷していますが、

仮想通貨もブロックチェーンの一部です。

ブロックチェーンの技術は進化している。

 

改ざんや不正のチェック

ネットワークが分散されているので改ざんされにくいです。

常に過去の全データと確認が行われハッシュ値が変わったらわかります。

ハッシュ値が変わったら改ざんされる前の過去データに戻されます。

しかし、過去データが51%以上の変わっているとそのデータに戻されます。

このように改ざんや不正のしにくい構造となっているので更に対策する場合、低コストでできます。

 

アドレスだけで送金できる

ブロックチェーン技術はアドレスだけで使用できます。

口座やお金を借りるのに信用が必要です。

逆に私たちも預金する際に信頼できる銀行を選んだり、

複数の信用できる銀行を選んで預金します。

サービスを利用する際も就職する際も信用を必要とします。

 

ブロックチェーンは簡単な登録をすれば世界中即座に送金を可能にします。

 

 

ブロックチェーンの問題点

知識がある程度必要

法規制

 

これらは規模が大きくなれば全て解決すると思われます。

 

ブロックチェーンについてはとても興味があるのでこれから情報を集めてリライトしていきます。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ