【超ロングセラー】JBLPebbles(ペブルス)スピーカー

 今回は、JBLPebblesバスパワードスピーカーのレビューをしていきます。別のPC関係の用品を見に行ったら、このJデモ機が置いてあって再生すると思ったより高音質。何回も繰り返しチェックしているうちに欲しくなって買ってました。高音から低音までしっかり出ているのがgoodでした。価格も店頭で5500円程だったかと思います。

 

【目次】

  • JBLPebblesバスパワードスピーカー開封の儀
  • JBLPebblesバスパワードスピーカーのスペック
  • JBLPebblesバスパワードスピーカーの音質
  • 超ロングセラー
  • JBLPebblesバスパワードスピーカーで気づいた事
  • 最後に

 

JBLPebblesバスパワードスピーカー開封の儀

JBLPebblesの箱を開けていきます。

 説明書とスピーカーとオーディオをつなぐ両方オスのイヤホンジャックコードがあります。その下にスピーカーが入っています。内容物は、スピーカー×2(片方だけ給電と外部入力の為のUSB端子×1)外部入力の為の3.5mmステレオミニジャック(オスオス)×1、説明書×2

 底の部分にUSB端子が収納できる様になってます。逆のスピーカーは同じ構造でイヤホンジャック端子になっており、USB端子がついているスピーカーの裏側に連携する為のイヤホンジャック端子メスがあります。そこに挿して準備完了、簡単構造です。給電と音楽情報の受信はUSB端子からでPCにつなげば音楽データも拾って音が出ます。アナログのイヤホンジャック端子のAUX INもあるので付属のコードでつなげばスマホやオーディオプレイヤーでも音の再生ができます。

カタツムリ?笑

 

JBLPebblesバスパワードスピーカーのスペック

speaker名:JBLPebbles

周波数特性:70Hz〜20kHz

USBケーブルの長さ:75cm

左右のスピーカー接続ケーブル長さ:75cm

外部入力の3.5mmステレオミニジャック:45 cm

※3.5mmステレオジャック延長ケーブルので延長可能

 

50mmのフルレンジドライバーが内蔵

高解像度を可能にするデジタルアンプが内蔵

USBにD/Aコンバーターが内蔵(音の調整をして自然なJBLサウンドを作る様です)

 

JBLPebblesバスパワードスピーカーの音質

 JBLPebblesの音質ですが、高音中音低音がバランスよく鳴ってgoodです。このタイプのスピーカーとしては高音が良くなっていると思います。低音は程良く鳴ってます。ズンズン響かないのでマンションやアパートの方にもオススメできます。上を見ればキリのないオーディオ商品ですが、低価格でコンパクト、手軽な使用を探している方にはこれ以上ないくらいおすすめです。重低音ズンズンがほしい方はウーハー付きのスピーカーが良いと思います。

 

ちなみにオーディオ機器の所有歴

AKGのヘッドホン×2 パナソニックのヘッドホン×1 

ソニーのイヤホン×1 フィリップスのイヤホン×1

ヤマハのサウンドバー×1 パイオニアのサウンドバー×1

別のJBLのスピーカー×1

 

超ロングセラー

 JBLPebblesの発売日は2013年の9月上旬のスピーカーの様です。2019年5月上旬に価格ドットコムで調べたところ予想外のランキングになっていました。『PCスピーカー注目ランキング1位』『PCスピーカー人気売れ筋ランキング1位』。数あるメーカーを押さえて2冠です。『PCスピーカー満足度ランキング1位』ですが同点で別のスピーカーも1位なので。。ロングロングセラーというやつでしょうか。古いのでもっと下だと思っていました。

 価格ドットコムの実際に使用したユーザー271人によるレビュー投稿でも音質(4.43)とサイズ(4.40)という2点は圧倒的に高得点です(5点満点中)。音質とサイズの2点の評価は価格ドットコム内で1位です。他にも、『ビジュアルグランプリ2016 SUMMER金賞』『ビジュアルグランプリ2017 金賞』の受賞商品です。ちなみにビジュアルグランプリとは、優れたオーディオ、ビジュアル機器を選出する国内最大級の賞の事です。

 

JBLPebblesバスパワードスピーカーで気づいた事

 一回USB接続で音が出ない事がありました。設定かなぁと思い色々やっても音が鳴らなくて対応してないのかと思いました。結論は鳴る様になりました。AUXINにイヤホンジャックを抜き差ししたらUSBの接続で音が鳴るようになりましたね。AUXIN側で入力認識していて抜き差しで外れた事を認識したのかもしれません。

 音量のボリュームが細かくないかなと思います。ボリュームつまみを1上げるとけっこう音が大きくなります。自分はポータブルアンプがあったので状況により使ってます。ちなみにFiioのE07Kの古いやつです。中古で7千円くらいで購入しました。ノイズ軽減と音量の微調整、自分好みになるので愛用してます。

 

最後に

 JBLPebblesは店頭で試聴しなければ買っていませんでした。前に別のJBLのスピーカーを試聴して重低音重視のクラブ的な味付けなのだと思っていました。同じメーカーでもスピーカーで音の味付けが違うものですね。このスピーカーに関してはオススメです。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ

【超ロングセラー】JBLPebbles(ペブルス)スピーカー” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。