【パワフルに鳴る】おすすめヘッドホンAKG K450(移動用の軽いやつ)

 豊かな低音がウリのK450のレビューです。老舗の音響機器メーカーAKGより製造されている信頼の一品です。写真も貼ってあるのでインプレッションと共に見て下さい。

k450

AKG(アーカーゲー)とは

 設立は1947年でウィーンの音響機器メーカーとして誕生しました。当時は主に映画関係の音響機器がメインでムービースタジオや放送局などに使用するモノを製造していました。

 1949年からヘッドフォン製作を続けている老舗メーカーです。モニターヘッドフォンを数多く製作していて原音を史実に再現するのがAKGの特徴と言えます。プロが使用するので妥協なく品質重視です。

 

K450は豊かな低音を再現する

 K450の特徴は低音が豊かな事です。ただ低音が強いという感じではなく、しっかり響き渡る低音を出してくれます。それと全体的に深みのある音を鳴らしてくれます。原音を再現しているのか他のイヤホンやヘッドフォンとは一味も二味も違う音を鳴らします。

 再生周波数帯域は11Hz-29.5kHzと高音や中音もフラットに鳴らしてくれている感じです。十分に高音も中音も出ていますが、ポータブルアンプで高音域を上げてあげると綺麗な高音もしっかり鳴らしてきます。

 AKGの音はとても心地良く惹きこまれます。

 

120gと軽量でイヤーパッドの硬さが絶妙で快適

 移動用に購入しました。120gで軽量なので快適です。外で聴くので低音がこれくらいあるとgoodでした。イヤーパッド固すぎず柔らか過ぎずgoodです。折りたたみができるので聴かない時はコンパクトになり袋に入れて収納できます。

k450

 

デザインはプラスチック感があるが渋くCool

  全体的に金属っぽいところはほとんどないです。高級感みたいなのはないけど、個人的にはシンプルで好きです。軽いのもこういうところがあっての事だと思います。

k450

 

ケーブルは取り替え可です

 このくらい軽量だと移動で使用する事が多いと思われますが、線を引っ掛けて断線で使用不可になりません。ケーブルは取り外しできます。安心の設計ですね。

k450

 

まとめ

 もともとはK404という入門機を使っていました。ドンシャリだったかなと思います。フィット感もキツくて痛くなるし、見た目もチープ。でも、レトロでかわいいかな。2900円くらいだったと思いますがスゴイ売れて流行ってました。安くてもパワフルにAKGサウンドを鳴らしてくれました。

 AKGなら、ちょっとお金を出して上級機を買ってもいいかなって思い買ったのがK450です。もうネットでも売ってるところ少ないんですね。何気に11年も前に出たヘッドフォンなのですね。時が流れるのは。。

 手にできる機会があれば、低音好きにはおすすめです。

Follow me!

【パワフルに鳴る】おすすめヘッドホンAKG K450(移動用の軽いやつ)” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。