継続的に成長するシェアリングエコノミー市場

 最近のシェアリングエコノミーという言葉が気になったので調べてみました。

 

シェアリングエコノミー

シェアリングエコノミーとは、自分自身や自分の所有しているモノや資産の貸借りや売買をして成立する経済形態の事です。

シェアリングエコノミー内のジャンルは『カーシェアリング』『シェアハウス』『クラウドファンディング』などがあります。

特徴は、インターネットやスマホアプリを中心として利用する点です。

サービスによってはスマホひとつで簡単に利用できます。

シェアリングエコノミーのサービス

シェアリングエコノミーの具体的なサービスとしては、『Uber』『Airbnb』『メルカリ』『ウーバーイーツ(uber eats)』や『クルー(CREW)』などが挙げられます。

利用したり、耳にした事があるかと思います。

これらは一部のサービスです。

他にも沢山のサービスがあります。

 

シェアリングエコノミーの市場規模

シェアリングエコノミーの市場規模継続的に成長しています。

総務省のサイトで掲載していた矢野経済研究所が実地した国内市場規模の調査データでは2015年度は約398億円です。

2016年度では約503億円、2021年度では約1071億円に市場規模は継続的に成長すると予想しています。

 

シェアリングエコノミー市場が継続的に成長する理由

<インターネットとスマートフォンの普及>

まず、シェアリングエコノミー市場が急成長できた理由はインターネットの普及とスマートフォンの普及及びスマートフォンアプリの開発の促進と普及だと考えます。

スマートフォンが普及していない時代は、新しい物事が誕生すると普及までに時間がかかりました。

近年、スマートフォンが普及するとインターネットにより最新の情報が一般の人にも早い時期に共有化されていきました。

便利なサービスは情報の共有化により普及し利用され始めます。

更にサービスの利用を手軽にするのがアプリです 。

サービスを利用するツールを誰でも持っているスマートフォンのアプリ にする事で普及の促進と直感的に利用できる様にしています。

また、一部に問題点のあるサービスもアプリに問題点をなくすシステムを組み込む事で解決しているモノもあります(評価システムなど)。

 

<シェアする文化の普及と事業の発足>

今の社会ではインターネットの普及により様々な価値観や生活スタイルが普及したり誕生しています。

また、SNSの普及により出来事や情報をシェアする事が当たり前なってきました。

そんな中シェアリングエコノミー事業が生まれ、前は使う為に買う必要があったモノもリサイクルやレンタルなどの選択肢が生まれました。

もちろんシェアという選択を選ぶ若者が増え『若者の購買意欲の低下』など言われる程にもなっています。

しかし、考えればシェア(レンタルやリサイクル)する選択は購入よりも手軽にできます。

逆にシェアを提供する側は、余っているモノを多少安くても少しでもお金にしたいので低価格にできます。

物事をシェアする事が当たり前の世代には、モノをシェアする事も違和感なく利用する事に繋がっていると考えます。

また、シェアリングエコノミーサービスを利用した細かなレビューもすぐにインターネットにアップされ、それを見た人の一部は利用すると考えます。

それによりシェアリングエコノミーサービスは更に広まり違和感なく利用できる環境が整っていきます。

 

最後に

今後も通信技術の発達は促進していきます(5Gなど)。

それにより新しい様々な技術やサービスが急速に普及していきます。

その中のひとつがシェアリングエコノミーです。

この流れがシェアリングエコノミー市場が継続的に成長していく理由だと考えます。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ