XR技術って?VRやARについて

 皆さんが生きている世界を現実(リアリティReality)と呼びます。

この世界が仮想現実だという理論もありますがそれは置いておきます。

この現実世界を基準に仮想したモノ(VR)、拡張したモノ(AR)、複合したモノ(MR)、代替えしたモノ(SR)について説明していきます。

ちなみにXR技術とは、VR・AR・MR・SRなどの総称です。

 

VR(仮想現実Virtual Reality)とは

現実をコピーした又は未来や過去などを予想した世界をコンピュータで仮想的に構築し、五感(視覚と聴覚など)に情報を入力し再現したり体験できる事です。

PlayStationVRなどがそれになります。

AR(拡張現実Augmented Reality)とは

現実世界のモノなどの情報をコンピュータ(スマホなど)を使用して追加表示したり、モニターを通して仮想現実を現実世界に拡張構築する技術の事です。

少し前からカロッツェリアのカーナビにもAR技術が使用されたり、

スマホアプリのポケモンGOや名探偵コナンのメガネなどがそれになるかと思います。

 

MR(複合現実Mixed Reality)

仮想の拡張構築した世界に現実世界の情報を追加で入力して融合させた世界の事です。

又は、その逆の事を指す場合もあります。

 

例えば、引っ越したばかりの何もない部屋があります。

そして名探偵コナンのメガネの様なモノを使用します。

メガネを通して家具を仮想的に現実世界に拡張していきます。

家具を配置した時の状況を家にいながらリアルに再現できます。

 

この様なアプリは実際にできています。

今までは様々な説明に2Dが基本でしたが、この技術が一般化すれば仮想的に3Dに再現し、分かりやすく、より具体的に説明することが可能になると考えます。

 

SR(代替現実Substitutional Reality)

現在の世界の場所と同じ場所の仮想構築した場所(過去など)を5感で体感できる機器(3D映像音声など)を使用し混合させて表示する技術の事です。(過去や仮想の事象を現実世界での体験の様に仮想的に体験できる事です。)

何かの映画に出てきた様な技術ですね。

 

XR技術とは

VR、AR、MR、SRを総称してXR技術と呼ばれます。

現在XR技術は、現在『Google』『Microsoft』『Apple』『Amazon』『Facebook』など

大手IT企業が開発に参加しています。

 

最後に

これらのXR技術が近い未来、3Dの仮想物を再現しモノを売る様な時代が来きます。

また、実体験経験の豊富な医師がXR技術を用いてオペをしたり、職人がXR技術でモノを製作したりを離れた場所にいながらできる時代になるつつあります。

医療、教育、製造、小売、防衛など多くの分野で活用される事が予想されます。

今後、2020年に5Gが導入されIotもそれに押されるかの様に加速していく事が予想され、XR技術も急速に前進して生活も変わっていくと考えます。

 

5Gについては別で記載しています。

⇩⇩⇩良かったら見て下さい。

新通信技術5Gの速度と開始はいつ

 

Iotについては別で記載しています。

⇩⇩⇩良かったら見て下さい。

スマホはIot機器って知ってますか

 

通信技術の発達により便利になっていきますが、問題も発生すると思います。

遠い未来だと思っていた事も、もうすぐそこにまで近づいているのかもしれません。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ

XR技術って?VRやARについて” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。