【イヤホンの名機】SENNHEISER(ゼンハイザー)IE40PROは殿堂入りクラス

SENNHEISER(ゼンハイザー)の

IE40PROというイヤホンがあります。

 

IE40PROは『心踊る名機』です。

性能が良すぎて価格が安いと思ってしまうほどです。

 

モニターイヤホンで

ミュージシャンの方が楽器の音を確認したり

そういう用途のイヤホンですが、作りから幅を広げ

音楽鑑賞などにも使えるようにしている感じがします。

 

ひとつひとつの音を妥協なく

丁寧に聴かせてくれる、そんなイヤホンです。

 

詳しくSENNHEISER(ゼンハイザー)の

IE40PROを見ていきましょう。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥12,218 (2020/10/31 18:08:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

IE PROシリーズの末っ子

『IE40PRO』は上位機種に

『IE400PRO』『IE500PRO』があります。

 

価格は、1.1万円・4.2万・5.7万円と

だいぶ違うのですが、

価格が高い方が良いイヤホンではなく

味付けキャラクターの違うイヤホンとなっています。

 

一応、全て視聴したのですが、

IE40PROが1番好みの音でした。

また、価格ほどの違いが私には感じられなく

IE40PROのコスパがとても高いと思います。

 

ちなみにShure(シュア)のSE215も比較試聴しました。

同価格帯のモニターイヤホンですので気になって聴いたのですが、

遮音性はSE215で解像度はIE40PROという感じです。

これも好みの問題かもしれませんが、

IE40PROの方が好きな音でしたので、こちらを購入。

 

音質

モニターイヤホンで

音的には高解像度のフラットなタイプのイヤホンです。

 

ただフラットではなく再現音域がかなり広く

キレイな高音からキレのある質の良い低音まで聴かせてくれます

また、楽器ひとつひとつの音が

分離して聴きわけられる程、丁寧です。

 

少しだけ高音域よりでたまに刺さる感じがあります。

そのくらいなので女性ボーカルの伸びやかさとか

キラキラ感とかシンバルの弾けるような音などがよく表現できています

 

高音域の刺さりはエイジングで

収まってくるようなので大丈夫そうです。

 

刺さりは最初からそんなに気になるレベルではなので

使い込んだ(エージング)時にちょうど良い音が

何年も使えるように設計されているのかもしれません。

 

あと、音がリアルです。生音という感じです。

本物と錯覚するくらいでよく音を再現できているなと思います。

 

たまにイヤホンの外でスマホ本体などから

別の音が鳴っているかのような錯覚をするくらいです。

 

上記のような音なのですが、

不思議と低音もしっかり出ています。

 

かなり高品質のキレの良い低音という感じの

ゼンハイザー独特の低音が心地良く響きます。

低音の量感はほどほどですが、

この低音が聴きたくてIE40PROを使う程です。

 

ポータブルアンプなどで低音に振ってもかなり良いです。

 

10mmのダイナミックドライバー搭載で

性能をフルに引き出せています。

 

 

遮音性がShure(シュア)のSE215の方が良いのですが、

それはIE40PROにはベントという空気穴があるからです。

 

高音から低音まで高解像度で聴かせてくれる

秘密はベントだと思います。

 

ベントがある事でモニターイヤホンとしても

音楽を聴いたり映画やゲームをするのに使える

使いやすいイヤホンになっています。

 

ちなみに一般的なイヤホンと比べ遮音性は良いです。

 

装着感

装着感は快適です。

よく『シュアかけ』と呼ばれている耳掛け式で

線が引っ張られても非常に外れにくいです。

 

また、服などに当たっても摩擦音がほとんどありません。

 

イヤホンも軽いので何時間でも装着できます。

 

内容物・付属品

内容物は

  • イヤホン本体
  • イヤホンポーチ
  • イヤーピース(シリコン3種類・ウレタン1種類)
  • クリーナ
  • 説明書・保証書

です。

 

イヤーピースは個人的には、

ゼンハイザーのウレタンイヤーピースがしっくりきました。

ダメになっても取り寄せて使おうと思います。

 

別イヤホンでコンプライのウレタンイヤーピースも使っていますが

ゼンハイザーのモノも耐久性は高そうです。

 

シリコン製のイヤーピースは裏にサイズ別で色があり

わかりやすいと思います。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥12,218 (2020/10/31 18:08:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

イヤホン本体とケーブルは脱着交換可能

ゼンハイザー独自のコネクターとなっています。

MMCXではありません。

 

でも断線などケーブルが原因で使えなくなる事はないですね。

ケーブル自体の質クオリティも高いですし、

音質にもこだわっているのでコレを使ってほしいということでしょうか。

 

まとめ

色はブラックとクリアの2色展開です。

どちらもカッコイイです。

 

IE40PROはイヤホン熱が一旦冷めるほどに

音が良く、満足感があります。

 

興味があったら購入する事をオススメします。

 

性能が良すぎて価格が安く感じる程の

価格破壊イヤホン『IE40PRO』の紹介でした。

created by Rinker
ゼンハイザー(Sennheiser)
¥12,218 (2020/10/31 18:08:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

関連リンクを貼っておきますので、良ければ見てください。

【重低音が素晴らしいイヤホン】radiusのHP-NHR11はハイレゾ対応の超解像度だけど重低音もすごい!

【一耳惚れレビューE3000試聴比較あり】final製のE2000は価格以上のデキ。

フォローしてね!