iPhoneSEは2020年秋の新OSのアップデートもできる予定

 iPhoneSEについて書いていきます。

 

iPhoneSEについて

iPhoneSEの発売日は2016年3月です。

Appleストアでの販売は2018年9月に終了し、フィードアウトするかと思われました。

 

2019年1月にアメリカのAppleストアで新品を再販し、すぐに完売となっています。

現在もYmobile 楽天mobile UQmobileなど複数のMVNOで販売がされているスマホとなります。

 

自分は2017年11月頃にAppleストアにてsimフリー端末を49,000円程で購入しました。

4万円台でiPhoneが使える事が嬉しかった記憶があります。

 

その頃は、iPhone8が新登場して売り出していました。

iPhone7がiPhone6sよりも大きく進化して登場していた為、皆がiPhone7を持っていたと記憶しています。

そんな中、iPhoneSEを購入しました。

理由は価格とスペックとサイズがチョベリグだったのです。

 

4インチのRetinaディスプレイ

4インチの小さいRetinaディスプレイサイズですが、必要十分と言えます。

このディスプレイだからできる今ではクラシックなデザインと片手で使える操作性が魅力です。

ケースをつけてもジャストサイズなモバイル性もチョベリグです。

スペック

A9チップとM9チップを搭載し、第一世代のTouchIDと4K動画も撮影できる1200万画像のアウトカメラを備えます。

画面サイズとTouchID(iPhone6sは第2世代)、3DTouch以外はiPhone6sと同じ仕様となります。

 

iPhoneSEの後継機

iPhoneSEの後継機のコンセプト動画が公開され、最後に『Coming Spring』とありました。

これは2020年のSpringに動きがあるかもしれないと思っています。

少なくともそれまではiPhoneSEが活躍し続ける事が予想できます。

OSの更新が止まらない

iPhoneSEは2020年秋の新OSのアップデートもできる予定です。

アップデート後も使用できる事を考えると、2021年になっても使い続けられます。

それでいて魅力的なデザインとサイズ、低コストに購入できるオンリーワンなスマホです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

また読んで頂けるよう書いていきます。

See you again

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ

iPhoneSEは2020年秋の新OSのアップデートもできる予定” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。