【Bluetooth キーボード】打ちやすいLogicool(ロジクール)の K380マルチデバイスキーボードのレビュー【スマホでも使える】

k380

Bluetoothマルチデバイス対応キーボードです。

Logicool(ロジクール)の K380という商品名です。

 

パッと見は、お洒落でポップなキーボードでどうなの?って感じでした。

 

使ってみてキーが丸い方がタイピングしやすっ!と思いました。

丸いだけでなく、細かい作り込みがあります。

 

macOS・Windows・ChromeOS・iPad・Android・iPhoneなど

Bluetooth対応であれば使えます。

詳しく見ていきましょう!

 

 

丸いキーで打ちやすい

家でも外でも使う、Bluetoothキーボードを探しに家電量販店へ行きました。

 

最初、ポップなキーボードがあるな程度でスルーして

別のキーボードを試し打ちしていました。

k380

一応、最後に試し打ちしてみたら何故か1番打ちやすいんですよね。

 

考えてみたら、四角のキーより丸い方が

キーの一つ一つが独立していて指先で認識しやすい事に気がつきました。

 

四角いキーだと繋がっていて、滑って隣のキーに指が入って

誤入力する事ってあるかなって改めて思いました。

 

あと、地味に文字キーひとつひとつが中央が沈んで外側が上がっています

これによりキーのド真ん中に指がいくようになっています。

すごいなーと思いました。

k380

ちなみに1番下のスペースキーなどは逆に盛り上がっています。

 

左手親指が常にスペースキーに当たっていて、

変換は無意識でできます。

 

どのメーカーのキーボードもスペースキーは大きいですが、

K380は盛り上がっているので特に押しやすいです。

 

入力感は少し固めくらいの、しっかりです。

ズッシリな感じです。

パンタグラフ式となります。

 

音はそこそこカタカタ鳴ります。

でも静音タイプ?と思うほど重いカタカタです。

MacBookのパンダグラフは音が高めのカチャカチャで少しうるさいです。

それとは違います。

 

マルチデバイス対応で切り替えスイッチがある

左上に黄色いキーが3つあります。

これを『Easy-Switch』と呼びます。

それぞれに一つデバイスを振り分けて切り替えられます。

k380

一応、押すと光ります。

長押しでペアリングになるシンプル操作です。

 

切り替え機能がないBluetoothキーボードだと

いちいちペアリングが必要になるので快適性抜群です。

 

私の場合は、MacBookとスマホ(Dex)で切り替えています。

ディスプレイに接続しない時もスマホで使うと意外と便利です。

 

キーボードのサイズ感

サイズは、

横279mm 縦124mm 高さ16mmです。

重さは、電池を含んで公称423gです。

電池は単4電池×2で動作は最長2年です。

k380

 

だいたい、MacBookのキーボードと同じくらいの大きさです。

写真だとK380の方が大きく見えますが、逆に少しだけ小さいくらいです。

(遠近法で見え方が逆です。)

 

小さくも大きくもない、ちょうど良いモバイルキーボードです。

これより小さいと打ちにくいです。

 

何気にEnterキーがしっかり2個分の大きめサイズ。

コンパクトキーボードでもEnterキーが大きいのはポイント高いです。

 

細かいところの紹介

<裏面>

裏面に電池を抜き差しできるフタがあります。

四隅にラバーがあり、かなりしっかり固定されます。

k380

 

<電源スイッチ>

電源のON/OFFスイッチも左側面にあります。

当たり前ですが、OFFにしておけば持ち運び時に誤操作がないですね。

k380

 

<テンキーなしモデル>

今までテンキー付きのキーボードを使っていたんですが、

問題ないです。

 

ブログなどの文字打ちでは数字ってあんまり使わないのもありますが。

 

キーボードが小さくなって配置の自由度が上がり、

マウスが近くに置けるので楽になりました。

k380

 

私的な事ですが、MacBookのキーボードが壊れて

臨時で有線キーボードを使っていました。

 

一言だけ言うと、Bluetoothキーボード最高です。

というか、K380最高です。

 

Logicool(ロジクール)とは

コンピュータの周辺機器を主に扱うスイスの世界的な企業です。

設立は1981年で、マウスの販売が成功したのをきっかけ躍進していきます。

1984年に世界初のワイヤレスマウスを販売。1988年に世界初のトラックボールを販売。

 

コンピュータを使っている方なら一度は耳にした事がある。

そんな大企業がロジクールです。

 

現在はゲーミングデバイスが人気で、

『astro』というブランド名で販売されている『A40 TR』というヘッドセットが人気です。

また『MIXAMP PRO TR』というミックスアンプのバーチャルサラウンドシステムが

好評で『A40 TR』と組み合わせても他社のヘッドセットと合わせても使えるので評価が高いです。

 

まとめ

色は、ブラック・ホワイト・ローズ・オフホワイト・ブルーの5色展開です。

 

MacBookのキーボード好きだったんですが、

このキーボードにハマりました。

 

最近はスタンドで上げて目線を上げて姿勢を保つのが流行っていますし、

Bluetoothキーボードスタイルでスタイリッシュに使っていこうと思います。

(私的にはキーボードが壊れたので、これ一択w)

 

コンパクトキーボード中でこれが使いやすいではなく、

普通のキーボードの中でもオススメです。

 

ロジクール(Logicool)の『K380』

マルチデバイスBluetoothキーボードでした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

フォローしてね!