Galaxy S10eレビュー / 高スペックで安い、カメラF値可変

 ほとんどベゼルレスです。SIMフリーのデュアルSIM版Galaxy S10eを購入して1ヶ月くらい経つので気づいた事をレビューしていきます。Snapdragon855搭載モデルで高負荷ゲームもできます。ストレージ128GBのメモリ6GBのモノを購入しました。Galaxy S10より少し小さいS10eの方になります。ちなみに価格はA級中古品で73000円で購入しました。新品は79000円でした。

 

galaxy-s10e

 

【目次】

  • Galaxy S10eのスペック紹介
  • Galaxy S10eディスプレイ
  • Apps edgeが使える
  • F値可変カメラでベストショットをナビする
  • 指紋認証が側面へ
  • bixbyボタンとその他の紹介
  • 最後に

 

Galaxy S10eのスペック紹介

 Galaxy S10シリーズは大きく分けて『S10+』『S10』『S10e』があります。ディスプレイの大きさやメモリの容量、指紋認証の位置、価格が違います。CPUは同じモノを搭載しているので性能は互角で用途や各個人の好みに応える為のラインナップになっています。Galaxy S10eと同じサイズのスマホと比べてみます。

機種 Galaxy S10e Xperia X performance
ディスプレイ 5.8インチ 5.0インチ
サイズ 142.2×69.9×7.9mm 144×71×8.6mm
バッテリ 3100mAh 2570mAh
CPU Snapdragon855 Snapdragon820
ストレージ 128GB 32GB
メモリ 6GB 3GB
解像度 1080×2280px 1080×1920
背面カメラ 超広角16MPと広角12MP 23MP
インカメラ 10MP 13MP

 

Galaxy S10eディスプレイ

 昔の5インチサイズのスマホと本体サイズは同じながら5.8インチのディスプレイとなっています。

galaxy-s10e

 AppleのiPhoneXSとほぼ同じ本体サイズでディスプレイも同じサイズです。

galaxy-s10e

Galaxyの方が文字サイズが大きく見やすいです。

galaxy-s10e

画面いっぱいに表示されます。

galaxy-s10e

上の画像は動画再生中なのですが、通常だと5インチサイズのスマホと同じ再生サイズになります。

IMG_galaxys10e

 この画像もYoutubeで動画再生中ですが、ピンチで全画面にできます。液晶サイズの関係上、見切れます(トマトの箱の写り方が違うのが分かります)。字幕のある動画だと読みにくくなりが、動画自体は迫力が出ます。Youtube以外のGoogleストアの映画(ほぼ全画面)やdTVの動画は全画面表示はできませんでした。そもそも、映画のサイズがこの液晶のサイズとは違うので全画面に出来てもYoutubeの様に見切れますね。

 

Apps edgeが使える

galaxy-s10e

画面の右側に黒の部分をスワイプするとApps edgeというアプリのショートカットが使えます。この機能はサイズ大きいと便利ですね。

galaxy-s10e

 

F値可変カメラでベストショットをナビする

 Galaxy S10eのカメラはデュアルカメラとなります。今はデュアルカメラが当たり前の時代ですね。ちなみにS10とS10+はトリプルカメラになります。Galaxyの他のスマホと違う点はF値が可変する事です。S10eの場合はF1.5とF2.4を撮影する明るさに応じて最適な方に変えて撮影します(デュアルアパチャー)。これにより幅広い撮影状況に対応します。F値が変わるスマホはGalaxy以外ありません。デジカメ並みの機能です。

galaxy-s10e

 夜でも明るく撮影できます。また、S10シリーズから撮影のベストショットをナビしてくれます。システムはプロのカメラマンが使用している撮影ルールと1億以上の写真を分析した情報を元にベストショットをナビしてくれます。

galaxy-s10e

galaxy-s10e

撮影しているとベストショットのポイントが表示され合わすと黄色くなるので撮影ボタンを押すだけです。直感的に撮影ができ簡単でした。

galaxy-s10e

肉眼で見るよりも鮮やかに撮れていると感じます。写真を調整しなくてもこのままで使える感じがGOODです。

galaxy-s10e

 下の写真は通常写真と広角写真となります。

 

galaxys10ecamera

galaxys10ecamera

風景などを撮影する時は広角モードで撮影すると迫力も出て、より伝えられるモノがでますね。

 

指紋認証が側面へ

 S10eの指紋認証が側面へ移動しました。動作も速く、認証ミスもほぼないです。

galaxy-s10e

電源ボタンと指紋認証ひとつとなっています。

 

bixbyボタンとその他の紹介

音量ボタンとbixbyボタンです。下には、イヤホンジャックとUSB-C端子があります。

bixbyボタンとその他の紹介

 

最後に

 Galaxy S10eは他にもゲームを録画する機能があったり、動画録画の手ぶれ補正が優秀だったり、動画配信するのに便利な機能が充実していました。また、オーディオがAKGチューニングされている点も良いです。

thank-you

 最後まで読んで頂きありがとうございました。新しい記事を投稿したらTwitterでお知らせしています。良ければ登録お願いします。

Twitterフォローもフォロー解除も気軽にどうぞ